様々な種類のアドバイスをしてくれる物流コンサルタント

ここ数年のインターネットの普及で誰でも簡単にスマートフォンやパソコンで商品を購入する事ができるようになりました。物流業界もビジネスチャンスが多くなる一方で繁忙期は年末等と忙しい時期がわかっていた頃とは違いショッピングサイトのセールや動向等も見ながら倉庫や人材の確保や在庫管理をする必要があり一年間に数ヵ月しか使用しない倉庫を年間で借りていたりコスト面でも大きな問題を抱えていました。 人材面でも不定期に忙しくなるためパートやアルバイトを雇用せねばならず求人費用もかかっていました。システムが確立していないままに忙しいからとアルバイトを大量に雇ったら注文ミスや誤発送や多くかえって忙しくなってしまったということも少なくはありません。コンサルタントは会社の問題点を探し分析し改善方法を提案してくれます。

社内でできることはどのようなことかを明確にしてくれます

商品が手元に届くまで様々な種類の行程があります。納入や検品作業、出荷作業、在庫管理等があります。様々な行程のどの部分を社内でできるのか効率がよいのか考えていきます。今までは伝票を見ながら手作業で確認していた事もシステムを導入し一つ一つの商品をバーコードで一元化することでピッキングミスを防ぐこともでき在庫管理も楽になります。 靴などのサイズが別れているような種類の多い商品にも対応することができます。システムを導入していくにも費用がかかるので費用対効果を見ながら全体を導入していくのか一部だけでいいのかを一つ一つ物流コンサルタントが相談にのってくれます。システムができマニュアル化をすることで人が入れ替わっても研修に何日もかける必要もないので効率がよくなります。

社外にアウトソーシングをできることを明確にしてくれます。

コンサルタントは実際に現場に出向き指導をしてくれる所もあります。商品の流れ等をみて倉庫は時期によって借り換えた方がいいのか小さめの倉庫を借りて荷物が増えたら一定期間だけもうひとつ借りてコストカットした方がいいのか具体策を練っていきます。企業によっては自社の社員をほとんど置かず納品から出荷作業まで全ての行程をアウトソーシングをしている所もあります。自社の社員は営業や商品開発に専念してもらう事ができ結果として業績が上がる企業もあります。 様々な事が便利になっていくと同時に物流業界も変化していき従来の方法では賄えない事が多くなっていっているのが現実です。プロの目で冷静に会社を分析してもらうことがこれからの企業の将来性を左右すると言っても過言ではありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加