物流コストの悩みはコンサルタントに相談することで解決できます

企業にとって物流コストを下げることは、企業を拡大し業績を上げるうえで不可欠です。一昔前は個店対応で運営してメーカーが店舗に直接行っていましたが、次第に効率が悪い為物流の拠点を作り一括して納品をすることで人件費などのコストを下げ、企業はバックマージンで業績を上げてきました。 しかし物流センターが拡大していくにつれて様々な問題点が生じてきました。検品作業に時間がかかりすぎたり、倉庫が雑然としていて出荷作業に時間がかかりすぎて現状のシステムでは限界を感じる企業が多くなっています。このような現状を解決するためにコンサルタントがあります。システム導入はもちろんのこと、在庫管理や人員配達のオペレーション業務をマニュアル化することにより、生産性や精度の向上を図っています。

コンサルタントの改善プログラムは現状の可視化から始まります

改善プログラムはABC分析を用いて正確なコストを算出します。なぜコストが上昇しているのか何をすればコストを下げられるのか問題点を把握するためにすべての作業工程を可視化できるようにします。システムの導入や運営にかかるコスト、効果が費用をしっかり上回るかどうかを検証します。その費用対効果が高いことを確認して新しいシステム導入を図ります。 特に企業側が悩みは在庫管理で膨大な在庫を抱えると必ず値下げや廃棄が生じて大きなロスにつながります。逆に在庫が少なすぎるとチャンスロスが発生して売り上げを確保できません。在庫品目の出来高の多い順に並べてAランク品、Bランク品、Cランク品にランク付けをして、常に欠品をさせないで適正な在庫を確保できる効率的な在庫管理の手法に導きます。

精度向上や生産性アップを図るためにマニュアルを作成します

現場の多くでは手作業で入荷から出荷に至るまで作業担当者が紙の伝票や指示書を見ながら手作業で仕事をしている場合が多く、効率が悪く新しいシステムを導入することで無駄な作業をなくし、今まで手作業のため発生していたミスも削減できます。そして各分野で生産性を算出しどの分野で効率が悪いかを把握して無駄な部分を徹底的に排除します。システムを導入してさらにどこに問題があるか把握できるように可視化を図り継続して生産性を向上させます。 そして保管場所を明確にして通路や保管場所、作業場を明確にして通路などに荷物を置かないように徹底します。また5Sの整理、整頓、清掃、清潔、身だしなみを徹底を図り適正面積を把握することで歩く距離を短くして生産性や保管効率を向上させます。企業側の悩みを解決するためにコンサルタント依頼することで、生産性向上に繋がる適正なマニュアル作成が実現できます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加