物流業に関するコンサルタントと依頼などの流れ

物流業のように仕入れと売上とが別の場合にはものを運んだりするといった物流の考え方が必要不可欠ですが、この関係の専門家であるコンサルタントに依頼することでその経費を削減出来る場合が多くなります。企業ごとで態勢が異なるために一概ではありませんが、ものの流れをスマートにすることで経費削減になりやすいことは間違いないです。 このとき物流拠点をインターチェンジなどの高速道路網近くに設ける場合も多いです。高速道路にいずれ昇格する国道などにも同じことが言えます。大型トラックなどの活動がし易い場所を拠点に設けるようにする流れが加速していて、こうした動きを見逃していないわけです。依頼時にはこうした動きと場所の確保またより適した場所の確保などについて助言が得られたりします。

ものの流れと仕入れ及び販売をよく把握する

ものを売るためには仕入れなければならずまたものを売るためには場所を設ける必要があります。このときその場所をものを置いておく場所にする流れすなわちインターネット通販の動きが活溌になっています。コンサルタント側でもこうした動きは常に情報を仕入れていますので、最新の同業他社を横目で見ながら適切な助言が可能なコンサルタントに依頼をすることが大切です。 可能であればこの依頼先が税制などにも一定程度以上の知識があることが望ましいです。拠点として確保しなければならない場合、その場所の土地柄や移動のし易ささらには土地などの固定評価額など税制面での問題があまり無いことを指摘出来ることが望ましいとされています。ものの流れをよくするために場所の確保を行ってもそのための設備投資に費用が掛かりすぎることは望ましくないためです。

自社のものの動きと販売までの動きが把握出来るかどうか

依頼をかける側のものの一連の動きを把握出来ることが大前提です。その上で商品を仕入れてあるいは製造し販売に繋げるための動きが短いまたはなるべく短く出来ることが望ましいため、その視点で考えてもらえる助言者が必須となります。いくら仕入れや販売網がよくても途中の動きの中でコストが掛かりすぎるようでは結果的に値上げして売らざるを得ません。それでは商品を購入してもらえるかどうか難しくなる場合があります。 このように一連の動きの中で必要なことと必要でないこと、また無駄なものなどを指摘出来ることが望ましいです。ものの動きをスマートにするための出資についても考える必要が出て来ます。このときの助言なども経験と知識に裏付けされたものが必要であることは必須の条件になります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加